25%も激減した中国人向け販売(ティファニー)

投稿者: | 2019年06月06日 09:00

アメリカの【ティファニー】の2019年2月から4月の売上高で、中国人観光客向けの売り上げが<-25%>となったと発表されています。

この5-7月期は更に悪化している筈ですが、中国政府がアメリカ向け旅行には気を付けるよう注意喚起しており、今後更に減少するのは避けられず、今後【ティファニー】やその他のアメリカのブランドが大打撃を受けることは避けられません。

トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争で打撃を受けるのはアメリカ企業であり、この点につきましては6月1日付けマンスリーレポートをお読みください。

【アップル】の売り上げの20%程が中国であり、これが消えるとなるとどうなるでしょうか?
【テスラ】も中国で販売が出来ないとなるとテスラはどうなるでしょうか?
【ボーイング】が数百機のキャンセルを受けたらどうなるでしょうか?

関係者は考えるだけで身震いするかも知れませんが、事実上の国営企業である【ファーウエイ】がアメリカから攻撃される以上、中国によるアメリカへの報復は熾烈を極めるのも当たり前となります。

今後留学生・観光客がアメリカから消えれば、その打撃は半端なものでは済まなくなります。

トランプ大統領がひざまずいて中国に許しを請うまで中国がアメリカを徹底して「イジメる」ことになるのかも知れません。

カテゴリー: NEW